09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-23 (Thu)
恵那峡遊覧を楽しんだ後は周辺を散策
恵那峡の周辺一帯は県立自然公園に指定されていて、四季折々の豊かな自然が楽しめます。
PA0_0488.jpg
この日は生憎の曇り空だったのですが…その分気温が高くなく、緑や川があることもありとっても涼しくて気持ちいい
まったりお散歩するには最適な気候でした
もちろん景色もとっても綺麗
PA0_0483.jpg


周囲の散策を楽しんでちょっぴり汗をかいたので、ホテルに戻って温泉にGO
本温泉は、1990年4月に恵那峡温泉 恵那峡国際ホテルの神殿西側において、地下1000mまで掘削し湧出に成功した湯量たっぷりの天然温泉です。
温泉の湧出している地質名は、黒雲母花崗岩(通称ゴマ石)と呼ばれ、今からおよそ1億3千500万年前の中世代白亜紀の頃に地球上に誕生したものであり、地中温度55度が保たれております。
温泉の成分としては、ナトリウム・カルシウム・塩素イオンが極めて多く、多成分高濃度の弱アルカリ性高張性低温泉としてかなり強い塩味をもっております。
』(恵那峡国際ホテルHPより)

ここの温泉、塩辛いだけじゃなくてかなり苦い(笑)
でもお肌がツルツル・スベスベになるんですよぉ~

一応露天風呂もあるんですがぁ…うーん、なんか「とりあえず外にあるお風呂」みたいな感じでした(苦笑)
景色が見えないんですよね、覗き防止?の生垣があって
露天風呂は残念な感じですが、泉質は効果ありだしお湯自体は気持ち良かったのでまぁいっかー

ちなみに、夕飯前・夕飯後、翌朝と、1泊2日の間に3回も温泉に入ったのでした。


その④に続く…


スポンサーサイト
| *Daily* | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。