07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-28 (Sun)
嶽本野ばらさんの作品は、多分8割は読んでいると思う…のですが(調べろ!)
その中で、文庫本を購入して手元に置いてもいいな、と唯一思うのがこの『下妻物語』シリーズ。

もー、なんなんでしょうね、この独特の世界観。
ギャグのセンスもアホっぽくて(褒め言葉)、思わず噴き出す箇所もちょいちょい。
それでいて、主人公・桃子のお洋服に対する思いに触れると、なんだか背筋が伸びることも…(尊敬するとか、そんな大ごとでは無いけれど、女として大切な何かを感じる)。


この『ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』では、サブタイトルの通り桃子とイチゴが殺人事件に巻き込まれてしまいます。

でも、多分、作者にとって殺人事件という要素はあまり大きな意味を持ってないのではないでしょうか?
なんせ、事件のオチがアレですから(笑)。作者も思い切ったことすんなぁー。

まるでイチゴの事なんて知ったこっちゃ無い素振りの桃子と、ひたすら桃子に恩義と友情を感じているイチゴ。
まるで噛み合わない会話と感情にニヤニヤしながら読み進んでも、そこはまぁ、やはり嶽本野ばらと言うべきでしょうか。
最後には、毒吐く女王の桃子と、純正アホのイチゴの間にある、一見ドライで実は熱い親愛関係にキュンとします。


笑いながらサクサク読める軽さがありますが、決して安っぽくも薄っぺらくもありません。
『下妻物語』を読んだら、続けて是非どうぞ。


(2008.08.13 記)

スポンサーサイト
| *Books* | COM(1) | TB(1) |







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 嶽本野ばら
ダメ親父のバッタもの商売が原因で、兵庫県の尼崎から茨城県の下妻に引っ越してきたロリータ少女・桃子は、そこで絶滅寸前のヤンキー少女・イチコと出会い、二人は無二の親友になる(ここまでは前作)。それから... …
2010/11/15 02:27  粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。