09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-05 (Thu)
Homeo Beau EYE CLEAR EG+

CA5OFTO4.jpg
株式会社サンライズジャパン
15g/5,040円


デリケートな目もと周辺の肌悩みをサポートするアイクリーム。
美肌成分EGFが角質層からふっくらと持ち上がるような感触を与え、気になる目もとに働きかけます。



最近よく聞く「EGF(ヒトオリゴペプチド-1)」。
肌細胞を再生する効果のあるたんぱく質の一種。日本語では、「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」と呼ばれます。誰の身体にも存在する成分ですが、年齢とともに量が減っていきます。
十数年前から人工的に生産され始め、当初は1g8,000万円もするハイパー希少な成分だったそう。
主に「やけど」の治療などの皮膚再生に関する医療分野で活躍してきました。

そんな超高価なEGFですが、最近になってようやくEGFのコストダウンに成功し、スキンケアの分野でも利用できるようになってきたそうです。
(1g8000万もするような成分をどうやってどれぐらいの値段までコストダウンしたんだろな・・・)

その効果としては、「人間が本来持っている肌細胞の再生能力を引き上げる」というもの。
具体的には、肌細胞を活性化させて、年齢と共に周期が遅れる“ターンオーバー”を通常の周期に導くという効果です。
ターンオーバーが正常な状態に戻ることにより、それ以上の老化を防いだり、若い頃のみずみずしい肌を取り戻せるというのがEGFの単体としての効果となるそうな。

そんなEGF配合のアイクリーム。
正直、目元のケアなんてまだ不要だと思っていた、のですが。。。
先日の夕方、何の拍子だったかは忘れましたが鏡を見ながら談笑していて気付いてしまったのです。
「笑った時に目元(主に下まぶた)にシワが出来とる…。そしてそれがすぐに消えない…:(;゙゚'ω゚'):」
笑い終えてからシワが消えるまで1秒程度のブランクがある

思えば私も四捨五入すればもう三十路…。一見してはわからなくとも身体は確実に老化してってるのね…orz
とは言え、ここで対策をし始めれば五年後・十年後の肌に差がでるんじゃね?ということで、スキンケアに初・アイケアクリーム投入。

見た目は薄い卵色でカスタードクリームみたいです。もしくは昨今流行りのとろふわプリンみたいな。(食欲の春)
指先に米粒一粒分を取り、目元に塗り広げます。
目元の皮膚はこすっちゃだめだというのを頑なに守っているので、指先で軽くトントンとたたき込むようにして塗っています。
アイクリームって使用感リッチなものだというイメージがあったのですが、一回の使用量がとても少ないのでベタつきは感じません。ましてや目元ですし。

使い始めて半月程たちますが、効果のほうは「よくわからん」というのが正直なところ。笑
元々そんなにシワやらたるみやらが気になってたわけじゃありませんし、笑った時のシワは相変わらずです。
とりあえず気休め的に使ってる感じ。
あと数年してみないと最終的な評価は下せないですねーw

特に刺激があるとか何かトラブルが出ることはありません。
のですが、夜これ塗って寝ると翌朝の目ヤニが凄いんですけど・・・(汚)
アイクリームってそんなもん?それともこれトラブルなの?特に目に痛みがあるとかは無いんですけど。

今のところ可も無く不可も無くですが、あと数年経ったときに目元の皮膚がどうなってるのかで評価したいと思います。



ホメオバウ化粧品 公式HP
スポンサーサイト
| skincare | COM(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。