07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-09-06 (Tue)
ゲオール化学株式会社 葛の精ジェルローション
CA1431C2.jpg
ゲオール化学株式会社
100g/2,100円


万葉の時代にもう使っていた和の植物10種類を配合、和の肌のしっとり柔らかく、キメ細かくハリがある、白妙の肌をかなえたい。そんな思いに吉野本葛の最高級を使用することにこだわり、透明感のあるジェル《葛の精》を誕生させました。

奈良県吉野と言えば「一目千本」と言われるほどの桜の名所として知られますが、吉野葛も昔から上質の葛としてお菓子等に珍重されて来ました。
吉野の葛の歴史は古く、「万葉の時代から受け継がれてきた匠の技で磨かれた葛澱粉に与えられる称号を『吉野本葛』と言う」のだそうです。

今回ご紹介する「葛の精」は、そんな吉野葛を使った化粧水。
日本人の肌に良いものを追求し、吉野葛の他にも、米、桜、紫蘇、ヘチマ、丁子、椿、牡丹、ユキノシタ、柚子と計10種類の和の植物からとれるエキスを配合しています。
なんか…この説明を見ただけで和物フェチの私にはたまらんですよ(´ェ`*)


チューブを押すと、無色透明の水あめみたいな固さのジェルがにょーんと出てきます。(透明度がすごい…)
ほのかに甘い香りがするのは、10種類の植物エキスのせいでしょうか。「これの香り!」というのではなく、色んな植物の微かな香りが混ざり合ってとても上品で日本人好みの優しい香りがします

一度に多量を肌に乗せてしまうと、ただベタつくばかりで肌に吸収されないので注意が必要。
少しずつゆっくり肌に伸ばしてあげると、ジェルが水に変わって肌にスーっと吸い込まれていきます。この水に変わる瞬間が面白いヽ(゚Д゚*)ノ゚+。:.゚
さっぱり目の使用感で一度では充分に潤う感じがしないので重ね付けしたいのですが、ジェル状だけに付けすぎるとペッタペッタしてしまうのがネック…。
後、朝の忙しい時間や疲れていて手早くスキンケアを済ましたいときにも不向きかなぁ…
さっさと付けてしまうと、ジェルが水に変わらず肌にまーったく入らないんですよねぇ。夜付けて次の朝洗顔する時、水洗いしたら「ヌルっ」とするんです一晩中肌の上に留まってたってことかい?そりゃー乳液やクリームの仕事ですぜ…
ゆっくり丁寧にケアする感じは好きなんですけどねー。

今のところ肌への影響は良くも悪くも無し。トラブルもなく、好転することもなく。
面倒くさがりの私にはこれをメインの化粧水として毎日使用することは出来ないんですが、商品のコンセプトや香りが好きなので、時間のある時や丁寧なケアをしたい時にちょいちょい使っていきたいと思います


モニプラ ゲオール化粧品ファンサイトファンサイト
ゲオール化学株式会社
ゲオールウェブショップ

スポンサーサイト
| skincare | COM(1) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。