09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-12-30 (Thu)
「宝塚市の宝塚駅から西宮市の西宮北口駅を経て今津駅までを結ぶ阪急今津線。神戸線との接続駅であり運転系統が分割される西宮北口駅から宝塚駅までは、所要わずか14分のミニ路線である。
この作品はその宝塚-西宮北口間の8つの駅を舞台とし、その乗客が織り成す様々なエピソードを、1往復に当たる全16話で描写する。」(wikipediaより引用)

私が今年読んだ小説の中でベスト・オブ・2010を決めるとしたら迷いなくこの作品を!
これは声を大にして色んな人におススメできます。

阪急電車(電鉄)は大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ大手の私鉄。
私の生活圏からは路線がちょいと離れているので私自身はあまり利用しないのですが、クラシカルな車両と内装、走っている地域がいわゆる「高級地」ということもあって関西では「お上品系鉄道」として認知されています…多分w
宝塚歌劇団の運営元でもありますねー。

物語の舞台は阪急今津線。
駅数はわずか8つ、所要時間も14分というミニ路線。この本が出るまでそんな短い路線があること知りませんでした…w
駅や電車の中で「袖触れ合った」だけの人々がほんの少しずつ関わりあい、影響しあい、物語は進んでいきます。

微笑ましい恋の始まり、それを眺めるのはある闘いを終えて傷ついた美女、彼女に声をかけるのは孫に対しても甘くない凛とした老婦人・・・
言葉を交わすこともあれば遠くから眺めているだけのこともある、けれども誰かの姿が誰かの心に小さい変化を投げかけていく。出会って、別れて。ほんの行きずりのささやかな「縁」(えにし)。

現実ではなかなか同じ電車に乗り合わせただけの人に声をかけて会話するなんてことはありませんが…
だからこそこの作品で描かれる小さな奇跡の連鎖に思わず胸がキュンとなります。

電車に乗り合わせた人たちの数だけ物語があり、電車は毎日沢山の物語を乗せて走っているのですよね。
向かいに座っている耳にイヤホンをつけた不機嫌そうな大学生、実は苦労の末にやっと希望の就職先が決まって本当は今にも笑いだしそうなのかもしれない。
ベビーカーに乗せた赤ちゃんをあやしているニコニコ顔のお母さん、実は口うるさいお姑さんに毎日悩まされて本当は泣きたいのかもしれない。
たくさんの人生、たくさんの物語。


読みながら、登場人物たちと一緒にドキドキしたり、ワクワクしたり、キュンキュンしたり。
読後になんともほんわか優しい気持ちが残る、そんな素敵な作品です。

中谷美紀さん・戸田恵梨香さん主演で映画化もされるそう。(2011年5月公開予定)
是非一度お手にとってみてください(´ω`*)
スポンサーサイト
| *Books* | COM(1) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。