07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-11 (Mon)
我が家には、5歳の雄猫がいます。彼の名を「ちぃ」といいます。

私たち家族には非常に甘ったれな子ですが、人間の年齢に換算するともういい年齢(とし)のおっさんなんですよね(笑)。


さて、今夜のこと。

彼はいつものようにお散歩に出かけていました。
そして、いつものように我が家の玄関先で「にゃ~」と一声、「開けて~入れて~」と鳴いて、私のことを呼び出しました。

「あ~帰ってきたなー」と、玄関の戸を開けた私の目に飛び込んできたもの…

見慣れたちぃと、見慣れぬ猫。

ちぃは素知らぬ顔で私をスルーし、室内へと消えていきます。

残された私と見知らぬ猫…。

ふわっふわの濃いグレーの毛並み、まだ小さい身体、ころりんとした体型。
まだ生後1年経っていない感じです。
身体と頭の大きさのバランスからして、女の子とおぼしきにゃんこさん…。

私の顔をじーっと見ている小さいにゃんこさん。
警戒してはいるものの、ちぃが消えていった我が家の中が気になっているご様子。

安易に野良猫に餌付けをしてはいけない、というのはマナーですが…
とっても可愛い彼女とお近づきになりたい誘惑に耐え切れず、夕飯の鶏の竜田揚げ(の鶏皮の部分)をひょいと放り投げてやると

攻撃されたと思ったらしい小さいにゃんこさん逃げる!
そして外に飛び出してきたちぃがそれを食べる!!

「ああああ~~お前が食べるんかい!!」と思わず頭を抱え込んだのは言うまでもありませんでしたorz

でもでも、ちぃが食べてしまった竜田揚げが気になる様子のにゃんこさん、ちぃの傍によって残り香をくんかくんか。

何事もなかったかのようにちぃが再び散歩に出かけていってしまった後も、小さいにゃんこさんは未練たっぷりに竜田揚げが落下した辺りの地面をくんかくんかし続けています。

たまらず、もう一つ鶏皮部分を持ってきて再び放り投げてやると
今度は逃げずに食べた~(゚∀゚)

そして「もっと欲しい」と言わんばかりに、我が家の玄関ぎりぎりの所までやって来るじゃありませんか!
かかかか可愛い!!

しかし本気で彼女に餌付けをするなら、ゆくゆくは避妊手術をしなければなりません。
そしてそれは、私一人の独断では決められないことです(家族の了承を得なければ。)

もっと竜田揚げをプレゼントしたい気持ちを抑えて、私は彼女と見つめ合いました。
玄関の中に入ってくることはしませんでしたが、でも相変わらずぎりぎりの所でこちらをうかがっているにゃんこさん。
くりくりのお目目をした、美少女にゃんこです。
かーわいいー(´Д`*)

10分近く見つめ合っていたにゃんこさんと私でしたが、家人の帰宅によりにゃんこさんは素早い動きで逃げて行ってしまいました。
でもちょっと遠くからこちらの様子をうかがっていましたけど(笑)


はたして彼女はちぃのガールフレンドなんでしょうか。ただの舎弟なんでしょうか。
しかし…もしガールフレンドだったとしたら…

ちぃ…お前…


ロリコンだったのか


だって5歳のおっさん猫と1歳にも満たない美少女猫ですよ。
人間の世界だったら普通に犯z(ry



スポンサーサイト
| *Daily* | COM(1) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。