07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-06-06 (Sun)
「スロバキア郊外のとある職業訓練校の一室。16歳になる少女テレスカは洋裁を学んでいたが、教師から呼び出されてもう学校を出てもよいと告げられる。そして母親宛ての手紙を渡されるが、母からは長い間音沙汰が無く、居場所もわからない。最後に立ち寄った図書室で古い絵図を見つけたテレスカは、母親を捜しに首都を目指そうと決意し、こっそりそれを持ち出すが……」

スロバキア版不思議の国のアリス、という触れ込みに惹かれて観てみました。(正確には「不思議の国のアリスをモチーフにした作品」だそうですが)
たしかに不思議で幻想的、ちょっと奇妙な感じの世界観はアリスに通じるものがありますね。

古ぼけたような落ち着いた色彩、どことなく影を感じさせる画面にはアンニュイな空気が漂い、東欧らしい映像美が楽しめます。
ストーリーには大きな山場も無く、ひたすら淡々と展開されるロードムービーな上に、不思議なことや謎を放っぽったまま先に進んでしまうので、「面白くない、つまんない」と感じる人も多いかもしれませんね(苦笑)
一見世界観が非常に現実的なのですが、実際はファンタジーです。
ていうかファンタジーだと思って観てないと、いろいろ「えええ!?」なことが多すぎて映画に集中できないかと…(笑)

監督のマルティン・シュリークは日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパの巨匠、なんだとか…。私もこの作品で初めて知りました(^-^;)
映像の美しさや登場人物のエキセントリックさ(笑)、独特な物語の流れ等、シュリーク監督の映画に共通するエッセンスがあるようで、私は好きな系統ですね。
ほかの作品も観てみたいです。(マイナーなので見つけられるか不安ですが…)


落ち着いた色彩の映像とか、幻想的で不思議な世界観とか、ちょっと毒を含んでる感じとか、以前紹介した「エコール」とも似てるかもしれません。
私はそういうタイプの作品が好きなんだな、と気付きました…


監督 マルティン・シュリーク
1997年 スロバキア


(2009.03.07 記)

スポンサーサイト
| *Movie* | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。