09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-15 (Thu)
「武蔵野ワークス」という香水メーカーさんをご存じですか?
武蔵野ワークスは1996年に創業した香水と調香専門の香水メーカーです。
日本の化粧品会社さんの中で香水専業メーカーってのはとっても珍しい存在。その特徴を活かして「香りモノ」にチカラを入れ活動しています。
(武蔵野ワークスHPより)

東京都国分寺に所在する会社で、現在はネットショッピングでしか購入できないようです。
(唯一出店していた伊勢丹新宿店からも撤退してしまったそうな…)
一般にはマイナーですが、香水マニアの間ではそこそこ名の知れたメーカー…と、思います。(笑)

武蔵野ワークスでは「フローラル・フォーシーズンズ」というオリジナルブランドを中心に製造・販売を行っています。
この「フローラル・フォーシーズンズ」(Floral 4 Seasons)、その名の通り日本の四季ごとに咲き乱れる様々な日本の花をテーマに、なんと50種類以上の香水が揃っているんです。
春の桜、れんげ草、すみれ、夏のクチナシ、ユリ、秋の金木犀、菊、冬の椿、梅…海外メーカーではありそうにない香りのラインナップ。こういう繊細さは日本のメーカーならではですよね。
「日本の気候に合う香り」「日本の風土に合う香水」「日本人の肌に合う香り立ち」をテーマに、ナチュラルで優しい香りのフレグランスが揃います。

このブランドの特徴としては種類の多さと、もう一つ、すべての香りにサンプルサイズが用意されていることが挙げられます。
レギュラーサイズは30ml入りですが、香りは人によって感じ方、好き嫌いが違うもの。
いきなりレギュラーサイズを購入していまいちピンと来ない、苦手な香りだったりしたら凹みますよね。
そういう失敗を回避できるよう、武蔵野ワークスでは1ml入りのサンプルサイズを購入することが出来るんです。
1mlってすっごく少ないように感じますが、意外と長く使えるんですよー。

こういうふうにサンプルサイズを販売するのって、香水に対してすごく真摯なんだなーって思います。
以前「香水好きに100の質問」という記事をあげたことがあります。
その中で「香水に関するお店を開くとしたらどんなお店にしたいですか?」という質問に対して「お客様が自分にぴったり合う香りをじっくり探せるお店にしたい」と答えたのですが、この武蔵野ワークスの販売方法がまさにそんな感じですよね。

好きな香り、嫌いな香り、似合う香り、似合わない香りってそれぞれ違っていて、特に似合う似合わないはただ香りを試しただけではなかなか分かりません。やっぱり肌に付けてみないと。
でも世界中に数多ある香水の中から「これ!」っていう香りを見つけ出すのは物理的にも金銭的にも非常に厳しいわけで…
だから少量を試せるサンプルサイズってすごくありがたいんです。
そういう所に目をつけた武蔵野ワークスの中の人も、物凄い香水マニアなんでしょうね(笑)
「香り」というものに対してとっても真面目なんでしょう。


先日ここの香水のサンプルサイズを4本購入してみました。
そのレビューはまた後日UPしたいと思います。
PA0_0525.jpg
↑1ml入りのサンプルサイズは女性の小指くらいの大きさ。
比較対象としてシャープペンの芯w


武蔵野ワークス公式HP
PCからはこちら
携帯電話からはhttp://www.azaban.com/i/(PCからリンク貼っていたんですが、うまく表示されないようですorz)
「武蔵野ワークス」と検索したらすぐに出てきますよ!

スポンサーサイト
| *Fragrance* | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。