09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-11 (Sun)
Lぅぅぅぅうううううううううううううううわぁぁぁあああああああああああああん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(もうホントに落ち着け。)

うわぁぁぁぁんっ、えるぅぅぅ死ぬなぁぁぁ(T□T)!(無理な話)



松ケンが好きなんじゃなくて、純粋にLが好きなんです(T^T)
くそー、どうして二次元に行けないんだっ!(溢れだすヲタク臭。ブワッ)

松ケンLは漫画のLとは別物だと思いつつ、やっぱりその運命には涙が…
くっそー、月のヤツめ…許せねぇっ(-言-#)
漫画のキャラで腹立つ奴トップ3に余裕でランクインだぜアンチクショー!


基本むふは漫画版の支持者なので、映画は『デスノート』という漫画にアイディアを得ただけの別物、というスタンスなんですけども。
(そうじゃないと不平不満がいっぱいありそうなので。
「Lはそうじゃない!」とか「なんでキラ対策本部に女性がいるんだ!」とかね)
しかしこの作品のラスト…Lが天才少年に付けた名前とプレゼント…にはさすがに
イ゛エ゛ェェェェェッ!!??
って感じでした(笑)
なんというオチ…


ラストシーンの、Lの後ろ姿が切なくて悲しくて…
胸が潰される思いで眺めてました。
Lぅぅ…(:Д;)死ぬなー(まだ言うか)




ここまで書けばバレてるでしょうが、むふは年齢の割に痛いヲタク気質の持ち主です…orz



* * * 『さよなら、L』


キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたL。
キラ事件解決後も、世界最高の探偵である彼のもとには世界中から難事件解決の依頼が舞い込んでいた。

その頃、タイのある小さな村で謎の新種ウイルスが大流行、極めて感染力・致死力の強いウイルスに村人たちはなす術もなく村は壊滅状態に陥った。ただ一人の少年を残して―。

謎のウイルスの治療薬を開発するため、日本で二人の研究者が日夜研究に打ち込んでいた。
二階堂公彦と、九條希実子。
そこに忍び寄る、不穏な影。公彦は一人娘・真希に「あるもの」をたくし、壮絶な最期を迎える。

一人黙々と事件を解決していたLのもとに、ワタリに宛てた「贈り物」が届く。
タイで消滅した村の生き残り・BOYだった。
BOYが持っていたSDカードのデータから、Lはウイルスが人間の手で作り出された≪死神≫であることを知る。
そこへ、ワタリを訪ねて一人の少女が舞い込んでくる。父親からワタリへ「あるもの」を託された真希だ。しかし真希には、すでに追手が迫っていた。

二人の子どもを連れ、世界を≪死神≫から守るため逃走をはかるL。
『もう、誰も失いたくない―』
こうして、彼の最期の23日間が始まった――。


松ケンLが可愛ければ可愛い程、彼に迫るリミットが辛いです。
(;ω;)えるぅ~~…!

映画のLは漫画のLと別物、と先述しましたが、この作品のLはさらに漫画Lからかけ離れています(汗)
いえ、松ケンの役作りは素晴らしいですよ、Lそのものです。
ただ、この作品では「Lの不得意分野…身体を張って事件を解決すること」を描きたかった?ようですが、そのせいでLの世界最高の天才っぷりが霧散してしまってます。ついでに奇人変人っぷりも薄い。
それでもこの作品のLも好きですが(笑)

監督が『リング』の中田秀夫氏ということで、ウイルス感染した患者の描写がグロいです。二階堂公彦の死に様とかね、あそこまでやらなくてもいいんじゃないの?
怖がりなので『リング』は見たことないんであまり自信はないんですけど、この作品にこの監督ってあまり合って無かったんじゃないですか?それぞれの良さが生かされてない気がします。

キャストは映画の雰囲気に合っていたと思います。工藤夕貴さんは相変わらず綺麗ですね。
ただ、FBI役の南ちゃん(南原清隆)のあの存在感の軽さはどうなんでしょう(苦笑)。真面目な役のはずなのに、なんか彼が画面に映ると笑ってしまって気分が冷めます…。南ちゃんは嫌いじゃないんですけどね。

強烈な原作漫画のファンで、且つ「映画と漫画は別物」と割り切って観れない人にはあまりおススメできないかもしれません。
私的には、一つの独立した作品としてLという人物の様々な面が見れてそれは良かったと思います。


監督 中田秀夫
2008年 日本

(2009.01.17 記)


スポンサーサイト
| *Movie* | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。