07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-30 (Sat)
アニメ映画化された作品ですね。
映画のほうに興味があったので読んでみました。

『精神医学研究所に勤める千葉敦子はノーベル賞級の研究者/サイコセラピスト。だが、彼女にはもうひとつの秘密の顔があった。他人の夢とシンクロして無意識界に侵入する夢探偵パプリカ。人格の破壊も可能なほど強力な最新型精神治療テクノロジー「DCミニ」をめぐる争奪戦が刻一刻とテンションを増し、現実と夢が極限まで交錯したその瞬間、物語世界は驚愕の未体験ゾーンに突入する!』


かなりテンポ良く読める作品です。ハラハラドキドキしながら駆け抜けて行く感じ。
一方で、後半の混乱具合はあまり好みではありませんでした。
夢と現実が混ざり合い、区別がつかなくなっていることを表現するための混乱ですが、「夢であること」を口実にまとまりが全く無くなってしまいました。
最後に突然躍り出てきた脇役二人(特に片方)は「えっ、これは不自然!!」としか思えませんでした…。

ただ、全体としては面白かったです。
前述の通りスピード感があって、娯楽性は抜群ですし、読んで損はしないと思います。
精神医学や心理学的な部分は一見ひどく難しそうで取っ付きにくそうですが、しっかり丁寧に読めば理解できると思います。

映画も是非見てみたいです。


(2007.03.02 記)


スポンサーサイト
| *Books* | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。